• ホーム
  • 性病とびらんと研究について

性病とびらんと研究について

カンジダという性病があります。
このカンジダという性病は、小さなお子さんでもなってしまう性病の1つであり、女性の場合には、生殖器のびらんの部分が、とてもかゆくなったり、おりものなどがチーズのようなにおいになったりと、色々な不快感が出る病気です。
チーズのようなおりものの臭いがでた場合には、まず間違いなく上記のカンジダであると研究の結果言われており、また実際に、チーズのようなにおいがする、このように産婦人科や婦人科を訪れる患者さんがとても多いことが特徴です。
カンジダは、上記のようにお子さんでもなる病気であり、そのため、当然ですが、性交渉などを行ったことがない人でもなる可能性のある病気です。
性病とはいうものの、上記のように、子供でもなる病気であり、風邪などで体が弱っている時などに、なってしまいやすい病気と言われています。
また、体に抗生物質が入ったことで、体に抗生物質の抵抗などが、抵抗力などがあまりない人もかかりやすいと研究では言われており、そのため、体が弱い人など、とてもかかりやすい性病の一つとなっています。

また、疲れやストレスがたまった時にも、このようなカンジダになってしまいやすくなります。
特にしっかりと睡眠がとれていない人、また甘いものが大好きで栄養をしっかりと取っていない人、標準体重以上の体重があり肥満と診断されている人はカンジダにかかりやすい、このように言われています。
これはなぜかというと、カンジダが上記のような肥満の人を好きな病気であり、理由としては、カンジダ菌は甘いものが大好きだからです。
また、肥満の人ほど、汗をかきやすいため、なりやすくなります。

サイト内検索
人気記事一覧